【FIREを目指す方へ】FIREのメリット・デメリット

FIRE

20代の“しがない公務員”が10年以内にFIREします!!!

こんにちは!ペグです(o^^o)

このブログを開いてくださり、ありがとうございます。

この記事では・・・

 ・FIREのメリット

 ・FIREのデメリット

 ・FIREを目指すべき人、そうでない人

について具体的に解説していこうと思います!

FIREを目指す私たちの考え方を知り、読んでくださる方に少しでも「役に立った」と思っていただけると嬉しいです。☺️

FIREのメリット

Sunset, Beach, Silhouettes, Jump, Jumping, Youth

ペグが考えるFIREで得られる大きなメリットは以下の4つです。

・働いても働くなくても良いという心の余裕

・お金の心配がないという経済的な余裕

・好きな時間に好きなことができる時間の余裕

・若くて元気に過ごせる時間を目一杯に楽しめる

簡単に言うと、

 精神的・経済的・時間的な自由が、若くして得られる

ということです。

これらが手に入ったとき、自分たちが望む理想の生活が実現できると考えています。

テン
テン

自分が本当にやりたいことに人生の時間を注げるね

ペグ
ペグ

不安や責任からも解放されて思い切ったチャレンジができそう!

テン
テン

次のデメリットも見て、自分たちにFIREが向いているのかも知りたいね。

FIREのデメリット

Holzfigur, Stones, Life Struggle, Resistors

上であげたFIREのメリットは魅力的で耳障りが良いものばかりです

ただし、その裏にはデメリットも存在します。

ペグが考えるFIREのデメリットは以下の4つです。

・投資である程度のリスクを取る必要がある

・贅沢はできず、我慢しなければいけないところも

・価値観が合う仲間が身近にはいない

・FIRE達成後にやりたいことがないと退屈するかも

FIRE(経済的自立&早期リタイア)を実現するためには、これらのリスクを飲み込む必要があります。

ただし、これらのリスクも考え方次第ではメリットにもなりえます。

ペグの場合

・投資で適正なリスクを取れば、資産は右肩上がり

・贅沢はたまにするくらいの方が幸福感が高い

・価値観が合う仲間はSNSやオンラインで出会える時代

・FIRE達成に向けて行動しながら考えるのもアリ

こんなふうに置き換えて考えることで、FIREに対する不安を低くして行動できています。

ペグ
ペグ

確かにデメリットの捉え方は人それぞれだね

テン
テン

自分自身の価値観に照らし合わせて考えてみるのも大切だね

FIREを目指すべき人、そうでない人

最後に、FIRE目指すべきか、そうでないかの基準を書いてみます。

FIREを目指すべき人

・先程あげたメリットに魅力を感じる

・先程挙げたデメリットが飲み込める

・達成に向けた努力を継続できる

・考えを更新し続けられる

FIREを目指すべきでない人

・FIREしなくても、今の生活が十分幸せ

・貯めた資産は決して減らしたくない

(投資がどうしても嫌)

・今が大切だから、贅沢もたくさんしたい

・新たに勉強していくのがしんどい

これらは私が考える基準となります。しかし、最も大切だと思う基準は

「この選択は人生を幸せに導くか」です。

過去ことを変えることはできませんが、未来のことは現在の選択によって変えることができます。

以前紹介した価値観マップなどを参考に、ご自身の幸せを最優先に、FIREすべきか、そうでないかを考えてみることをおすすめします。

ペグ
ペグ

一度しかない人生ですが、選択し、行動しないままだとあっという間に過ぎてしまいそうだね。

テン
テン

まずは、自分の本当の思いに向き合ってみることが大切だね

まとめ

今回、FIREのメリット・デメリットから、FIREを目指すべきなのかについて書いてみました。

大切な基準は、「その選択が人生を幸せにするか」です。

何も考えずに現状維持なのか、考えた上での現状維持なのかでも幸福度に大きな違いがでるはずです。

それがFIREという選択だった場合は、固定費削減から始まり、自分に合った無理のない範囲での行動が必須になります。

私自身は、経済的、精神的、時間的な自由を求めて、これからも地道に行動を起こしていきたいと思います。

最後まで読んでくださった方の生活が一歩でも良くなることを願っています。☺️

FIRE
この記事を書いた人
ペグ

20代小学校教員のペグです!10年以内のFIREを目指しています。これまでに取り組んだ経験や学びから、FIREに必要な知識や考え方を発信します。簿記3級、FP2級取得済。

ペグをフォローする
ペグ家
タイトルとURLをコピーしました