【損害保険って何?】私的保険②-1損害保険の種類を解説

FIRE

この記事では・・・

・損害保険とは何か?

・5種類の損害保険の特徴

について具体的に解説していこうと思います!

損害保険の記事が膨大になりそうだったので3回に分けて解説していきます。

FIREを目指す私たちの考え方を知り、読んでくださる方に少しでも「役に立った」と思っていただけると嬉しいです。☺️

損害保険とはどんな保険か?

損害保険とは、偶然の事故などによって生じた損害をカバーするための保険です。

ペグ
ペグ

この保険に加入することで、可能性は高くないけれど、もしものことが起こると生活が成り立たなくなることを防ぐことができます。

損害保険の代表的なものは5つあります。

・火災保険

・地震保険

・自動車保険

・傷害保険

・賠償責任保険

これら5つの損害保険の特徴をそれぞれ解説していきます。

火災保険

消防士が火に水をまく

火災だけでなく、落雷、爆発、破裂、風災、ひょう災、雪災などによる損害を補償してくれる保険です。

保険会社で契約する際は、

・風災、ひょう災などがオプションで選べる

・水災や水漏れ、盗難などオプションで追加できる

ことがあります。

ご自身の住む家の状況、立地などを踏まえてこのオプションを選択しましょう。

月の保険料は500円〜1000円程度になると予想されます。(10年一括払いやオプションを削るなどした場合)

テン
テン

火災保険と聞くと、火事での損害のみの補償だと思ってた!

ペグ
ペグ

たしかに、名前だけ聞くとそう思うよね。。これを機に覚えられたね!

地震保険

地震保険の目的は、「被災者の生活の安定に寄与すること」です。(リンク先:財務省 地震保険制度の概要)

加入したいときは、かならず火災保険とセットで加入しなければなりません。

補償される金額は火災保険の保険金額の30%〜50%の範囲と決まっており、建物は上限5000万円、家財は1000万円までとなります。

(例)火災保険の主契約(建物)が1000万円の場合、地震保険(建物)は300〜500万円で設定可能

テン
テン

ポイントは地震保険の目的だね。

ペグ
ペグ

そう!地震や津波で失った家を建て直すための保険ではなく、生活を安定させるために加入する保険であることを理解しておきましょう。

自動車保険

事故、ひき逃げ、犯罪、交通、遮断

自動車保険には

①自賠責保険(強制保険)

②任意保険

の2つがあります。

①自賠責保険

自賠責保険については、車検時などに一緒に加入しています。

どの保険会社で加入しても保険料はどこで入っても同じ料金です。

これは車やバイクを持つときは加入しなければならないため、保険料は必ず支払わなければなりません。

②任意保険

任意保険は自賠責保険とは違い、かならず入らなければならないわけではありません。

しかし、自賠責だけでは不十分な部分も多く、基本は加入すべき保険になります。

任意保険には対人賠償、対物賠償、車両保険など様々な保険がありますが、多くの種類があるからこそ、任意保険の加入は取捨選択が重要になります。

任意保険の月額保険料は安ければ1000円程度で加入できますが、詳しくはまた別の記事で自動車保険の詳しい選び方を解説します。

テン
テン

不要なものを除けば保険料は抑えられるね!

傷害保険

スリップアップ、危険、不注意、滑りやすい、事故、リスク

日常生活のケガや旅行中の傷害などを補償する保険が傷害保険です。

職業によって保険料が変わるのが特徴です。

クレジットカードに保険が付帯されているなどの場合もあります。

ペグ
ペグ

バスの運転手など危険度が高い職業は保険料が高め。スポーツ選手の場合は加入できない場合もあるよ。

テン
テン

海外旅行の時に入る保険もこの傷害保険だね!

賠償責任保険

黒とグレーのマウンテンバイク

個人賠償責任保険」が最も生活に関係する保険になります。(他の賠償責任保険は企業向けがほとんどなので割愛)

日常生活における事故で、他人にケガをさせたり、他人のものを壊したことによる賠償責任を負った時に備える保険です。

例えば・・・

・自転車で事故を起こしてケガをさせた

・ベランダから物を落としてしまい、通行人にケガをさせた

など

基本的には、100〜200円程度で加入でき、家族の1人が加入していると一緒に住む家族全員が保障を受けられます。(別居でもの未婚の子までカバーされます)

まとめ

今回は損害保険の種類について一つずつ解説しました。

それぞれの損害保険にはどんな種類や特徴があるのかが伝われば幸いです。

次回は「火災保険、地震保険は必要なのか?」、その次には「自動車保険、傷害保険、賠償責任保険は必要か?」について解説予定です。

ペグが加入している保険や保険料も含めて公開予定です。

最後まで読んでいただきありがとうございました。あなたの生活が一歩でも良くなることを願っています。☺️

FIRE
この記事を書いた人
ペグ

20代小学校教員のペグです!10年以内のFIREを目指しています。これまでに取り組んだ経験や学びから、FIREに必要な知識や考え方を発信します。簿記3級、FP2級取得済。

ペグをフォローする
ペグ家
タイトルとURLをコピーしました